子供の視力は、生まれてから「ものを見る」という自然の訓練を通して徐々に
発達していきます。そのため必要があるのにメガネをかけなかったり、目を充
に使わなかったりすると、視力や視覚機能がきちんと発達しません。目から入っ
てきた情報を見る<入力>、認識するく処理>、手で書くく出力>。この一連
の流れをスムーズにできないと、日常生活の中で『ステップ2』にあるチェック
リストにあるような事柄で困ります。


「視覚機能検査」では、視力測定・両眼視検査・分析テストなどで、お子様の
眼の状態を詳しく調べます。普段の生活を快適に過こして、勉強もスポーツも楽
しむために、よく見えることはとても大切です。また、片目ずつでよく見えるだ
けでなく、両目をバランスよく使うこと、遠くも近くも無理なく見えることも大
切です。目が原因で勉強やスポーツ(特に球技)が苦手になったり、肩こりや頭
痛が起きたりすることもあります。お子様の日々の暮らしを充実させるためにも、
一度「視覚機能検査」を受けられることをおすすめします。

体の筋肉が鍛えられるように、目を動かす筋肉も鍛えられます。
目の動きがよくなるようにビジョントレーニングをしてみましよう。
ゲームのように楽しくできる専門マシンもありますよ。
詳しくはお気軽にお店へお問合せください。

ビジョントレーニングの流れ→

案内PDF→